伊豆めぐり・箱根めぐり

西伊豆町の観光スポット

大田子海岸の夕焼けの写真
西伊豆町の海岸地形は複雑で小島が多く、黄金崎や「伊豆の松島」とも呼ばれる堂ヶ島などの景勝地で知られ、一帯の海岸が『伊豆西南海岸』として国指定の名勝に指定されており、日本の夕陽100選にも選ばれた夕陽の街。それが西伊豆町です

黄金崎詳細

黄金崎の写真 夕日を受けて黄金色に輝く黄金崎の秘密は、風化した安山岩が黄褐色に変化した全国でも珍しいプロピライトにあり、昭和63年には、静岡県の天然記念物にも指定されました。黄金色に染まる岸壁と海に浮かぶ夕日が、多くの観光客を魅了するおすすめスポットです。岬全体が公園になっており、遊歩道 芝生の広場、展望台等などもある

大田子海岸の夕焼け詳細

大田子海岸の夕焼けの写真 西伊豆屈指の夕日スポットとして有名な海水浴場。メガネッチョとよばれる奇岩や、雄島・雌島からなる田子島が海に浮かび、美しいコントラストを見せる

三四郎島詳細

三四郎島の写真 三四郎島は、沖あい200mほどのところにある伝兵衛島、中ノ島、沖ノ瀬島、高島からなる4つの島で、見る角度により3つに見えたり、4つに見えたりすることからこのように呼ばれている。また、干潮時には一番手前の伝兵衛島まで瀬が現れる。この現象のことを「トンボロ」と言い大変珍しい現象である。ただし、干潮時でも30cm以上潮が引くときでなければ歩いて渡ることは難しいので、事前にお調べ下さい

堂ケ島詳細

堂ケ島の写真 西伊豆の海岸線はリアス式で変化に富み、数々の景観や天然の良港を作り出している。 国立公園や名勝伊豆西海岸などの指定を受けた景勝地が多く存在する。特に景勝地として知られる堂ヶ島は浮石質凝灰岩が駿河湾の荒波により侵食され、断崖絶壁となったもの。 その美しさから「伊豆の松島」と称えられる。天窓洞、三四郎島などが堂ヶ島の代表だ

浮島海岸詳細

浮島海岸の写真 海岸の長さは100m程の石ころの小さな海岸です。透明度が高くダイビングも楽しめる。多数の奇岩は、無数の岩脈によって構成された岩脈群(火山の根)です。海は透明度が高く夏ともなれば海水浴場として賑わいますが、ここはダイビングや、シュノーケリングにも最適で楽しめます。海水浴場の裏側には、干潮時に塩溜まりができるポイントがあり磯遊びなどができるので人気がある

沢田公園詳細

沢田公園露天風呂の写真 沢田公園の駐車場に車を停め、そこにある小屋で入浴料金を支払う。がけ際に脱衣場があるだけでその先は露天風呂、すぐ下は大波が打ち寄せる断崖になっている。湯船は4~5人で一杯になる小さなお風呂。温度は熱めだが風が強いのでかえって適正である。眼下の大波を見ながらのお湯はなんともたとえようがない