伊豆めぐり・箱根めぐり

三島の観光スポット

源兵衛川の写真
三島市は、古くより「水の都」と呼ばていました。そんな水の都三島を代表する美しい水辺環境を持つ源兵衛川は、楽寿園の湧水を水源として、市街地を通り温水池まで流れている全長1.5kmの農業用水路です

三嶋大社詳細

三嶋大社の写真 古くから朝廷に尊崇が厚く、延喜式には明神大社に列せられ、伊豆一の宮として崇められた神社で、源頼朝が源家再興を祈願し、成就するや社領を献じ社殿を造営。以来武門、衆庶の信仰を集めた。緑の森に包まれた境内には、幕末から明治のころに再建された総ケヤキ造りの本殿・拝殿などの社殿が軒を連ね、施された彫刻もすばらしい。また2月の寒桜を皮切りに、境内にある15種200本の桜が次々に咲き始めると、お花見客で大変にぎわう

源兵衛川詳細

源兵衛川の写真 三島市は、古くより「水の都」と呼ばていました。そんな水の都三島を代表する美しい水辺環境を持つ源兵衛川は、楽寿園の湧水を水源として、市街地を通り温水池まで流れている全長1.5kmの農業用水路です。かつては美しい水辺空間が保たれていた源兵衛川も、1960年代から湧水の減少が進み、水辺環境は悪化しましたが、グラウンドワーク三島が中心となり源兵衛川の水辺環境の再生に取組み今では自然度の高い川に変貌しつつあります

楽寿園詳細

楽寿園の写真 楽寿園は富士山噴火時の「三島溶岩流」上に造られた庭園で池泉回遊式。小浜池をはじめ、富士山のわき水で生まれた四つの池、七つの湧水があり、森に囲まれた自然豊かな公園です。小松宮彰仁親王の別邸として造営され、小浜池のほとりには数寄屋造りの名建築である楽寿館が建ち、明治日本画壇の重鎮による装飾絵画が描かれている。昭和27年より三島市が管理運営

山中城跡公園詳細

山中城跡公園の写真 山中城は自然の地形を巧みに生かした典型的な山城です。近年、史跡公園として整備され、富士山をはじめ雄大な自然の眺望が得られる絶好の公園として人気です。園内ではツツジやフジの花が緑の中に鮮やかに咲き乱れます。城後は本丸・二の丸・三の丸をはじめ大小の出丸に石を使わず、土だけの空堀で仕切った山城で、全国的にも非常に珍しいものです

柏谷横穴群詳細

柏谷横穴群の写真 丘陵の斜面を横に掘って墓室とした古墳時代後期のお墓(横穴墓)で東西600m、南北250mの広さにおよんでいます。古くから「(柏谷の)百穴」と呼ばれてい、国の文化財に指定されたのは、保全状態が比較的良好な一部です。現在はっきりわかっているのは141基ですが、土に埋まっているものを含めると300基以上はあろうと言われています。横穴の多くは両袖式で方形に近い玄室(げんしつ)と慰霊祭を行う墓前域、それをつなぐ羨道(せんどう)をもつものです