伊豆めぐり・箱根めぐり

伊豆・箱根の魅力や観光スポットの紹介

伊豆の魅力、箱根の魅力は自然に囲まれた、風光明媚な景観を見せてくれる所にあります。そんな魅力をお楽しみください

♥おすすめスポット

熱海梅園

熱海 梅園

明治19年に開園した「早咲きの梅」で知られる熱海梅園は、今年も1月10日から梅まつり(第72回)が開催されました。樹齢100年を越える梅の古木を含め、457本:60品種の梅が咲き誇り 早咲き→中咲き→遅咲きと、 順番に開花していくので、おまつり期間中充分に梅を楽しむことが出来ます。今年は1月16日現在、数本ではありますが早咲き種の梅が見頃を迎えましたが例年、早咲き種と中咲き種の花が重なる2月上旬から2月中旬がおススメです。今後の天候もありますが開花は進むでしょう
梅まつり:平成30年1月6日(土)~3月4日(日)

修善寺梅林

修善寺梅林

修善寺温泉北側の小高い丘陵地にある修善寺自然公園の中にある梅林。樹齢100年以上から若木まで、白加賀を中心に青軸など約20種類、1000本の紅白黄の梅が植えられている。早咲きから遅咲きまで種類も多く、比較的に長い期間楽しめる。 また茶室【双皎(ソウコウ)山荘】では野点が楽しめ、飲食店などが出店し、期間中には飲食店などが出展し特産の鮎の塩焼きやシイタケ焼きが人気のようだ
梅まつり:平成30年2月10日(土)~3月4日(日)

伊豆月ヶ瀬 梅林

伊豆月ヶ瀬 梅林

月ヶ瀬梅林は、山の傾斜地に作られた梅林。6.2ヘクタールの土地に1500本の梅が咲き誇る。天城連山を正面に望む絶好のロケーション、昨今伊豆市、梅の新名所として知られてきた。期間中の日曜日には各種イベントがあり、梅まつりを盛り上げている。 また梅林内では梅製品の特別セールや、地元農産物、地元特産物の即売などもおこなわれる
梅まつり:平成30年2月18日(日)~3月18日(日)

河津桜

河津桜

2016年(平成28年)河津桜まつりもいよいよ始まりました。桜まつりがはじまると、もうそこまで春が近づいているようですね。2月1日現在では河津桜原木では下層部に開花が見られ、他の地区でもつぼみが多いなか一部の開花がみられます。なんて状況でしたが、それから日一日と開花も進み今年も2月10日から河津桜まつりが開催されました。ところで皆さん 河津桜ってしっていますか?河津町で見つけられ増殖されたピンク色の強い早咲きの桜です。またソメイヨシノのようにぱっと咲いてぱっと散るのではなく例年2月初旬に開花が始まり3月中旬まで美しい花を見ることができます
桜まつり:平成30年2月10日(土)~3月10日(土)

みなみの桜と菜の花まつり

みなみの桜と菜の花まつり

みなみの桜とは、河津桜と同種の早咲きの桜で、例年2月中旬から3月中旬ごろまで青野川の川沿いを中心に菜の花と共に南伊豆町の里を染め上げます。例年1月末~2月初めには最も開花の早い加畑橋~九條橋間左岸エリアでは咲き始めているがここでも一分咲きに満たない程度。蕾はだいぶ膨らんできているので暖かい日が続けば次々に開花は進みます。なお菜の花は見ごろです。見ごろになった下賀茂温泉青野川沿いに咲き誇る桜と菜の花をお楽しみください
桜まつり:平成30年2月10日(土)~3月10日(土)

箱根園 湖畔の一本桜

箱根園 湖畔の一本桜

箱根園内の芝生広場、芦ノ湖湖畔に咲くみごとな一本桜です。枝張22メートル、幹周り約5m、高さ約12m、樹齢90年以上のほんのりと薄紅色した大島桜。一本桜といいますが実際は、5本の大島桜を植樹し、その5本が1本の桜のように見えている。     湖畔の一本桜ライトアップ 期間:現在未定
見ごろ:例年4月下旬【問合せ】0460-83-1151(箱根園)

大仁瑞泉郷のともえ桜

大仁瑞泉郷のともえ桜

大島ザクラとヤマザクラの自然交配種で、高さ約19メートル、幅約27メートルの巨木「ともえ桜」(静岡県内最大)のほか、芝桜やチューリップなどが順に見頃を迎えてくる。来場者は広い園内をゆったりと散策しながら、色とりどりの花を観賞できる。  期間中は野菜や花の苗の販売、食育体験なども実施している。入園の際は駐車料金(普通車500円)が必要。
【問合せ】0558(79)1118

大仁龍源院のしだれ桜

大仁龍源院のしだれ桜

大仁 龍源院のしだれ桜は樹齢80年といわれ、樹高15mの大きな一本桜です。大きく開く傘のような枝ぶりと、滝のような枝垂れ具合が見事で人気がある。例年3月下旬に満開を迎えカメラマンを含め見学者が多い。伊豆箱根鉄道(駿豆線)田京駅から徒歩15分程度の場所にある。
龍源院しだれ桜のライトアップ 期間:未定
【問合せ】 055-948-0304(伊豆の国市観光協会)

旧船原小学校跡のしだれ

旧船原小学校跡のしだれ桜

旧船原小学校跡地(現在 上船原公民館)にあるしだれ桜です。樹齢は150年くらいたっているしだれ桜は角度によっては一本の桜のようにように見えますが実際は3本並んでいる。修善寺方面から国道136号線を船原峠(土肥方面)に向かう途中にある。現在伊豆市本柿木にある法泉寺のしだれ桜(樹齢約350年)は天然記念物に指定されているが、近年、樹勢の衰えがみられるため(枝の剪定などをおこない保護に努めているが)したがって旧船原小学校跡のしだれ桜が伊豆市で一番か?

土肥 最福寺のしだれ桜

最福寺しだれ

最福寺境内には樹齢50~70年ほどといわれる八重の花を開いた、近辺にない珍しいシダレサクラが約30本植えられている。花は、ピンポン球ほどの大きさで10~13枚の厚手の花弁をもち、垂れ下った枝の先に20個ほどが密集して咲き乱れる。平成13年(2001年)に(財)日本花の会の研究員に新種と認定され「伊豆最福寺しだれ」と命名され、満開時には花見客でにぎわう
【問合せ】0558-98-1212(伊豆市観光協会土肥支部)