伊豆めぐり・箱根めぐり

 箱根美術館

箱根美術館は世界救世教の教祖岡田茂吉が生前に蒐集した東洋・日本美術のうち陶磁器が公開されている。MOA美術館ができた1982年以降日本の中世陶磁器に焦点がおかれ、縄文時代から江戸時代までの日本の古陶磁、常滑焼・瀬戸焼・越前焼・信楽焼・丹波焼・備前焼などの「六古窯」を中心に、渥美焼・珠洲焼などの代表的な窯の特色をあらわした作品が常設展示されている