沼津御用邸記念公園の写真
当サイトの表示料金は、消費増税や施設・店舗による改定前の料金や営業時間,休業日などが表示されている場合がありますので、ご注意ください。最新の料金につきましては、施設・店舗へお問い合わせください。

沼津御用邸記念公園

沼津御用邸記念公園の写真

旧沼津御用邸は明治26(1893)年、当時皇太子であった大正天皇の静養のために造営されました。その後明治36年に、赤坂離宮の東宮大夫官舎を移築して東附属邸が設置され、更に明治38年8月には、本邸の隣にあった川村純義伯爵の別荘を買い上げ、増築して西附属邸としました。御用邸とは皇室が主として保養のために用いる別邸です。その後、昭和44年12月に御用邸は廃止され、沼津市に移管されました。 翌昭和45年7月、沼津市は記念公園として開設しました。



沼津御用邸記念公園

基本項目 データ
住  所 〒410-0822
静岡県沼津市下香貫島郷2802-1
電話番号 055-931-0005
開園時間 9:00~16:00 閉園16:30
休園日 年末年始(12月29日~1月1日)
料金 入園のみ:大人 100円,小中学生 50円
観覧料込:大人 400円,小中学生 200円
  •  ワンポイント
  • 東附属邸は明治36年4月昭和天皇の御学問所
  • として、赤坂離宮の東宮大夫官舎を移築し、
  • 造営されました。少しの増築はあったものの
  • 当初の姿をそのまま残し昭和44年の廃止に
  • 至りました。

謁見所

謁見所の写真

謁見所は天皇陛下がご滞在中、来客に面会するときに用いられた部屋です。西附属邸ではもっとも公式な部屋とされ、大正末期には「拝謁ノ間」と呼ばれていました。広さは10畳で、畳敷きの上に絨毯が敷き詰められ、さらに中央には部分敷きが置かれています。 床の間側に置かれている玉座用の肘掛け椅子には、梨地漆に御紋章の蒔絵が描かれ、来客用の椅子には、黒漆に金の高蒔絵がされています。大変貴重なもので、当時の技術の粋を集めて作られた由緒あるものです。



アクセス情報

基本項目 情報
駐車場 70台(有料)
バス・マイクロバス:1,020円
上記以外の自動車 : 300円
※2時間(以後割増)
現在、普通車のみ2時間の駐車料金を一定期間無料(オープニング記念)
・東名沼津インターから車で20~30分。
交通期間 ・沼津駅から伊豆箱根バスで約15分
 「御用邸前」下車。
 沼津駅南口バスターミナル7番乗り場。
  • 動画リンクボタン

Introduces 沼津御用邸記念公園 in the photograph.

詳細地図



より大きな地図で 沼津御用邸記念公園 を表示

ホテル・旅館の予約