なまこ壁の写真
当サイトの表示料金は、消費増税や施設・店舗による改定前の料金や営業時間,休業日などが表示されている場合がありますので、ご注意ください。最新の料金につきましては、施設・店舗へお問い合わせください。

なまこ壁

なまこ壁の写真

なまこ壁は、平瓦の継ぎ目を漆喰でかまぼこ状に盛り上げてつなぎ合わせたもの。明治初期、呉服商家として建てられた中瀬邸にはなまこ壁が美しく残る。白と黒のコントラストが独特の美しさを感じさせ、松崎の風情を代表するなまこ壁の建物がズラリと並び。まるで懐かしい時代へタイムスリップした気分になります。元々なまこ壁は防火用の工法で、湿気にも強く、蔵などに最適でした。壁が厚いほど裕福な家と言われていた頃もあったようです。



なまこ壁の基本情報

基本項目 データ
住  所 〒410-3611
静岡県賀茂郡松崎町松崎
電話番号 0558-42-0745(観光協会)
営業時間 9:00~17:00(最終入場16:30)
入場料金 無料(中瀬邸など一部有料)
休業日 ---

  •  明治商家 中瀬邸
  • 明治初期、呉服商家として建てられた中瀬邸は
  • 大地主が建てた贅沢な木造づくりです。
  • 館内では当時を偲ばせる道具や調度品のパネ
  • ル、モニターによる紹介、漆喰鏝絵の実演な
  • どがある。
  • 大人:100円,中学生以下:無料

なまこ壁通り

なまこ壁の写真

西伊豆松崎・なまこ壁通りは松崎の風情を代表する通りです。その中で一際目立つ旧近藤家の本宅と土蔵。なまこ壁で囲まれた間口も狭く奥行きの長い京都の町家のような屋敷であって、江戸時代末期に建てられた切り妻造りの二階建ての建物でかつては薬問屋だった。壁面に四角い平瓦を並べて張り、その継ぎ目を白漆喰でかまぼこ型に盛り上げたなまこ壁は江戸時代に防火・防湿建築として普及したもので、かつては伊豆各地で見ることができた。



アクセス情報

基本項目 情報
駐車場 中瀬邸駐車場:無料(3時間)
長八記念館駐車場:無料
・東名沼津I.C.-三島経由国道136号線⇒松崎約72㎞
交通期間 ・東京-(新幹線55分)-熱海-(伊豆急90分)
  -伊豆急下田-(バス50分)-松崎
・東京-(新幹線65分)-三島-(伊豆箱根鉄道
  32分)-修善寺-(バス105分)-松崎
・清水港-(駿河湾フェリー65分)-土肥港-(車
  20分)-松崎
  • 動画リンクボタン

Introduces なまこ壁 in the photograph.

詳細地図



より大きな地図で 明治商家 中瀬邸 を表示

ホテル・旅館の予約