重要文化財岩科学校の写真
当サイトの表示料金は、消費増税や施設・店舗による改定前の料金や営業時間,休業日などが表示されている場合がありますので、ご注意ください。最新の料金につきましては、施設・店舗へお問い合わせください。

重要文化財岩科学校

重要文化財岩科学校の写真

岩科学校は、バルコニーなど洋風様式を取り入れた伊豆地区最古の小学校です。木造の寄棟造で二階建で瓦葺です。また建物は左右対称であり外観は「なまこ壁」です。これは壁が平らな瓦で出来ており、その継ぎ目が漆喰でなまこ型に盛り上げてあるものです。正面玄関の「岩科学校」扁額は、ときの太政大臣、三条実美の書である。洋風デザインの印象的な建物で、日本では甲府の旧睦沢学、松本の旧開智学校などに次ぐ古いものとして知られている。



重要文化財岩科学校の基本情報

基本項目 データ
住  所 〒410-3613
静岡県賀茂郡松崎町岩科北側442
電話番号 0558-42-2675
営業時間 9:00~17:00
入場料 大人:300円,中学生以下:無料
休業日 年中無休

◇インターネット割引券はこちら

  •  開化亭
  • 当時、学校運営は大変厳しい状況で、その財
  • 源確保のために1874(明治7)年に設立された
  • のが岩科商社、すなわちこの建物、現在の開化
  • 亭だったのです。その後この建物は村役場とな
  • り、今はこの地に移築復元され休憩所として利
  • 用されております。

西の間

重要文化財岩科学校の写真

二階客室の西の間は日本間で、作法や裁縫の授業にも利用されていたというが、豪勢な造りと鮮やかな色彩に驚かされる。床の間はのぼり太陽を表現して紅の壁、脇床には緑を配して松を表現している。欄間には名工入江長八が手がけた千羽鶴が、一羽一羽形を変えて描かれており、ぬけるような青空と今にも欄間から抜け出てくるかのような鶴の飛翔する姿に圧倒されます。この千羽鶴は左官技法と色彩技法を巧みに融合させた長八作品の傑作である。



アクセス情報

基本項目 情報
駐車場 あり:無料
・東名沼津I.C.-三島経由国道136号線⇒松崎約72㎞
交通期間 ・東京-(新幹線55分)-熱海-(伊豆急90分)
  -伊豆急下田-(バス50分)-松崎
・東京-(直通電車140分)-修善寺-(バス105
  分)-松崎
・東京-(新幹線65分)-三島-(伊豆箱根鉄道
  32分)-修善寺-(バス105分)-松崎
・清水港-(駿河湾フェリー65分)-土肥港-(車
  20分)-松崎

  • 動画リンクボタン

Introduces 重要文化財岩科学校 in the photograph.

詳細地図



より大きな地図で 重要文化財岩科学校 を表示

ホテル・旅館の予約