修善寺竹林の小径の写真
当サイトの表示料金は、消費増税や施設・店舗による改定前の料金や営業時間,休業日などが表示されている場合がありますので、ご注意ください。最新の料金につきましては、施設・店舗へお問い合わせください。

修禅寺山門

修禅寺山門の写真

空海が創建したと伝えられ、『延喜式』には「伊豆国禅院一千束」と書かれる程の寺院であった。源頼朝の弟の源範頼と、その息子で鎌倉幕府2代将軍の源頼家が当寺に幽閉され、その後この地で殺害されたとしても知られている。その後蘭渓道隆が臨済宗に改宗し、道隆は、南宋の理宗から「大宋勅賜大東福地肖盧山修禅寺」という額を賜り、大陸にまで修禅寺の名を広めた。しかし1409年(応永9年)の大火災で伽藍が全焼し、荒廃した。その後、伊豆一国を収めた北条早雲が、彼の叔父の隆渓繁紹に曹洞宗の寺院として再興させた。現在の本堂は1883年(明治16年)に再建したものである。



修禅寺の基本情報

基本項目 データ
住所 〒410-2416
静岡県伊豆市修善寺964
お問合せ 0558-72-0053
営業時間 宝物館:8:30~16:30(4月~9月)
8:30~16:00(4月~9月以外)
拝観料 大人 300円
小人 200円
定休日 無休
  •  東海第一園
  • 修禅寺方丈の庭園が明治40年に大正天皇
  • (当時は東宮)が「東海一の庭園」と絶賛したこ
  • とから東海第一園と呼ばれるようになりました。
  • 背後の山を生かし、大小の石を積み、池や滝に
  • 流れる水は達磨山山麓から引いたものです。規
  • 模は小さいですが奥行と高低の変化に富んだ
  • 回遊式庭園です。

修善寺温泉竹林の小径

修善寺温泉竹林の小径の写真

修善寺温泉は、静岡県伊豆市北部にある伊豆半島で最も歴史がある温泉。日本百名湯に選ばれている。そんな温泉街の中心に修善寺川(通称:桂川)が流れ、河岸には温泉宿や飲食店が建ち並ぶ。川中の四阿には、同温泉地のシンボル的存在の独鈷の湯があり、無料で足湯を楽しめる。至近には地名の由来となった修禅寺があり、多くの観光客が訪れる。また、遊歩道が整備され「竹林の小径」などが人気のスポットとなっている。温泉街付近には源氏に関する史跡が多く、鎌倉幕府第2代将軍、源頼家の墓や、頼家の冥福を祈って母である北条政子が建てた指月殿などが残る。



修善寺アクセス情報

基本項目 情報
駐車場 無し
最寄りの有料駐車場へ
東名高速沼津ICー国道1号線ー136号線で修善寺(約60分)ー修禅寺
交通期間 JR三島駅乗換えー伊豆箱根鉄道駿豆線で約32分ー修善寺駅下車、東海バス(修禅寺温泉行き)約10分ー終点修善寺温泉駅下車ー修禅寺(徒歩約5分)
独鈷の湯 弘法大師(空海)が開いたとされ、修善寺温泉発祥の湯。現在は修善寺温泉のシンボルです。

  • 動画リンクボタン

Introduces 修善寺 in the photograph.

詳細地図


 
より大きな地図で 修禅寺 を表示

ホテル・旅館の予約