天神原植物園の写真
当サイトの表示料金は、消費増税や施設・店舗による改定前の料金や営業時間,休業日などが表示されている場合がありますので、ご注意ください。最新の料金につきましては、施設・店舗へお問い合わせください。

天神原植物園

天神原植物園の写真

移植栽培は不可能と云われていたササユリを長年かけて栽培に成功し、ササユリの里という別名もある植物園。現在3万球が植栽されている天神原植物園では薄いピンク色のササユリの大群生を中心に、全国の山野草約1500種が自然豊かな約3000坪の園内に植栽されており木道を散策しながら四季おりおりに咲き誇る花たちを楽しむことができる。



天神原植物園基本情報

基本項目 データ
住  所 〒415-0531
静岡県南伊豆町天神2722-60
お問合せ 0558-64-8178
営業時間 9:00~17:00
入園料 大人:500円,子供:250円
  •  ワンポイント
  • 春の七草:セリ、ナズナ、ゴキョウ,ハコベ,ホトケ
  • ノザ,カブ,ダイコン。
  • 夏の七草:アカザ,イノコヅチ,ヒユ,スベリヒユ,シ
  • ロツメクサ,ヒメジョオン,ツユクサ。
  • 秋の七草:オミナエシ,ススキ,キキョウ,ナデシコ,
  • フジバカマ,クズ,ハギ。

1,500種の山野草

石逢ケ浜の写真

春になり、4月には雪割草、カタクリ、トキ草、クマガイ草、エビネ、イカリ草などが咲き乱れ、初夏はササユリをはじめシモツケ草、レンゲショウマ、イワナンテン、イワタバコ、ノハナショウブ、サギ草の群生が目を奪い、野生キキョウの群生なども楽しめる。秋にはオミナエシ、ワレモコウ、リンドウと秋の七草の大群生。その他1,500種の山野草、花木が次々に咲きみだれる山野草の楽園だ。



アクセス情報ボタン

基本項目 情報
アクセス(公共交通機関) 伊豆急下田駅よりタクシーで天神原まで約40分
アクセス(車) ・東名厚木IC→小田原(小田原厚木道路)熱海→下田→南伊豆町天神原。
・東名高速沼津ICから伊豆縦貫自動車道から函南で136号線に入り→西伊豆回りで南伊豆町天神原。
駐車場 あり(無料)
       
  • 動画リンクボタン

Introduces Tenjinbara Botanical garden in the photograph.

詳細地図



より大きな地図で 天神原植物園 を表示

ホテル・旅館の予約