めぐり

伊豆めぐり!箱根めぐり!” 旅っていいね”

めぐり header image 1

遺伝学研究所の桜 一般公開

2014年04月12日 · 中伊豆

[場所:国立遺伝学研究所]
[一般公開日:4月5日(土曜日)]

今日は、1年に一回しかない国立遺伝学研究所の一般公開日です。ここ数年は行ってなかったので今年は行こうと決めていました。なので今日は一番のバス(無料シャトルバスが15分~30分間隔で運行している)で出発しました。ここは一般見学者用の駐車場がありません。近くに有料でもと思いますがあるかないかもわかりません。遺伝学研究所が近づいて来るとすでに遺伝研坂の桜並木も満開です。場内に入るとまだ見学者はそこそこですがしばらくするとかなりの人で賑わいます。ここの桜は1950年頃植物遺伝学者の竹中要博士が、研究と品種保存を目的に桜を収集、植樹したことに由来するようです。ここはソメイヨシノや枝垂桜が満開に咲き誇っているようなお花見ではなく、いろいろな品種、珍しい品種などをじっくり見ることができます。
天気もよくさくらもひきたちます。この木は満開で見頃を迎えていました。

遺伝学研究所の桜

遺伝学研究所の桜

やわらかなピンクのさくらで、すがすがしい気分になります。

遺伝学研究所の桜

遺伝学研究所の桜

八重のさくらです。まだ満開ではありませんが開花したさくらと蕾も絵になります。

遺伝学研究所の桜

遺伝学研究所の桜

白い八重さくらです。いい感じでした。

遺伝学研究所の桜

遺伝学研究所の桜

風が強くなってきました。揺れている花は写真が撮りづらいです。

遺伝学研究所の桜

遺伝学研究所の桜

開花-開花途中-蕾が、ひとかたまりになって可愛いです。

遺伝学研究所の桜

遺伝学研究所の桜

ピンクの花弁が逆光のなか日が透き通って輝いています。

遺伝学研究所の桜

遺伝学研究所の桜

この桜は特に強風が影響して撮影に苦労しました。

遺伝学研究所の桜

遺伝学研究所の桜

ここに紹介しているさくらは国立遺伝学研究所のさくらのなかでもほんの一部です。いつもの花見のように花が迫ってくるようなさくら並木ではありませんが、これだけの品種が一度に見ることができるのは貴重な場所です。特に今年は今まで行った中でもいい花つきをしていたように思いました。ただ風がどんどん強くなっていったのが残念でした。

写真ダウンロードサイトはこちら

→ コメント(0)タグ :