めぐり

伊豆めぐり!箱根めぐり!” 旅っていいね”

めぐり header image 1

初秋の箱根湿生花園

2009年09月08日 · 箱根

9月7日(月曜日)今日は予定通り箱根湿生花園に向かう。しかし快晴で気分がいい。車から見える景色も澄んでクッキリ見える。ふと今日当たりは風景写真を撮る日だなんて思いながら箱根峠を過ぎた。その時芦ノ湖沿いに富士山のクッキリした姿がチラッと目に入る。急遽芦ノ湖に寄る事とする。駐車場に車を止めカメラのセットをしていると”うわー きれい”、”富士山だ”とか聞こえてくる。確かに秋とはいえ富士山は雪を持たない”夏富士”だ。この時期こんなクリアな姿を見せるのは珍しい。いずれにしても夏富士はバックで映える。海賊船を主題にバックに富士山を配置した写真をゲット。
1時間位芦ノ湖にいてしまったので少々焦って湿生花園に向かう。なんと到着時間は10時を少し回ってしまった。
花の撮影は朝と夕方が最適だけどそうも言っていられない。支度を済ませ早々に姿のいい花を見つける。
トリカブトだ。しかしよくみるといつものヤマトリカブトの葉と形が違うようだ(真ん中の切れ込み方に特徴を感じる)たまたま作業をしている方がいたので聞いて見る。これはオクトリカブトというらしい。一つ覚えカメラをかまえるが、太陽はかなり高い。やはり余りいい条件にはなさそうだ。この後は背の高い花の撮影は止め草や木々で直接日が当たりにくい物に対象を絞る。更に日は高く対象物もなくなってきたので、一旦外にで早い昼食を取る。湿生花園に来るとレストラン グレイが多い。箱根では個人的に気に入っている。食事後再入場し、写真撮影はまだ早いのでビデオをまわす。しかし太陽光は強烈だ。ビデオも色ははっきり出るだろうけど逆光ではキツイ。ほとんどが順光なのでノッペリした動画になってしまうな…!”トホホ”。フットワークも悪くなった私なんかでは花を撮るなら曇り日が楽でいい。そうはいっても気分は爽快だ。何人かで写真を撮りに来ておられる人たちとカメラ談義をしたりして日が傾いてくるのを待つ。3時半頃から私の好きな光線となったので前もって調べておいた花に向い、1時間位を集中して撮影する。なかなか満足できる一日となりました。

→ コメント(0)タグ :