めぐり

伊豆めぐり!箱根めぐり!” 旅っていいね”

めぐり header image 1

春の箱根湿生花園

2015年04月25日 · 箱根

出発日:2015年04月22日(水)
観光地:箱根湿生花園

箱根湿生花園は3月20日(金)開園しました。3月末頃に見頃を迎える水芭蕉を見に行きたく思っていましたが行くことができず、4月も後半の今日(4月22日)ようやく行くことができるようになりました。朝早くから現地に向かってと言いたい所ですが開園はPM 9:00からです。普通に朝食を済ませ箱根に向かいました。9時を少し回りましたが到着。すでに来園者はそこそこあり、思わず”春だな~あ”と呟きました。湿生花園は湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心にした植物園、湿地帯の植物200種、草原や林、高山の植物1100種、その他、珍しい外国の山草も含め、約1700種の植物が四季折々に花を 咲かせている人気の植物園です。
入園するとすぐの所にあるヒマラヤの青いケシはまだ早く見られませんでしたがコマクサは咲いていました。なお、5月1日から幻の花青いケシ展が開催されるようです(5月1日~6月10日)。
落葉広葉樹林の植物ゾーンではイカリソウやカタクリを期待していましたが湿生花園ではカタクリは少し遅かったようで咲いていることは咲いていましたが綺麗な姿の花が少なく残念です。このカタクリ日中に花に日が当たると、花被片が開き反り返り美しい姿が見られるはずですが時期が遅ければ話は別です。それでも姿がいい花を探し写真に撮る。

箱根湿生花園 カタクリ

箱根湿生花園 カタクリ

イカリソウは見頃に当たったようでキバナイカリソウ、トキワイカリソウ、バイカイカリソウ、スズカイカリソウが園内で見ることができました。姿が美しかったトキワイカリソウを紹介します。

箱根湿生花園 トキワイカリソウ

箱根湿生花園 トキワイカリソウ

少し色違いのトキワイカリソウです。

箱根湿生花園 トキワイカリソウ

箱根湿生花園 トキワイカリソウ

このゾーンにはヤマブキも風に揺れその姿が目を引いていました。黄色というか山吹色というか癒されます。

箱根湿生花園 ヤマブキ

箱根湿生花園 ヤマブキ

同じゾーンの片隅に控えめに咲いていたヤマブキソウです。ヤマブキとヤマブキソウは、木と草の違いだけではなく、バラ科とケシ科と科も違うのです。またまぎらわしいことに、同じ頃に、同じ場所に咲くことが多いようですがヤマブキの5枚の花びらに対してヤマブキソウは4枚の花びらなので選別は可能。咲いている数が少ないからかより可憐で魅力があり癒されました。

箱根湿生花園 ヤマブキソウ

箱根湿生花園 ヤマブキソウ

ススキ草原の植物ゾーンにはオキナグサが下を向いて咲いています。前日の雨で白い薄毛におおわれた暗赤紫色の花に水滴がついて輝いていました。

箱根湿生花園 オキナグサ

箱根湿生花園 オキナグサ

低層湿原の植物ゾーンは新緑の眩しさでに目を奪われました。そこにはノウルシが咲き乱れています。ノウルシは有毒植物とはいえウルシに似た白乳液に触れなければ問題なく、ウッドデッキのベンチに座り新緑の眩しさにしばし時を奪われました。

箱根湿生花園 ノウルシ

箱根湿生花園 ノウルシ

低層湿原の植物ゾーンの池に流れ込む小さなセセラギも日に当たり煌めいています。暖かな日の中で私はウトウトしてしまいました。

箱根湿生花園 セセラギ

箱根湿生花園 小さなセセラギ

ヌマガヤ草原の植物ゾーンを過ぎ、高山のお花畑ゾーンではシラネアオイが美しく私たちを迎えてくれました。

箱根湿生花園 シラネアオイ

箱根湿生花園 シラネアオイ

高層湿原の植物ゾーンでは緑の絨毯を引いたような草原にサワオグルマがまぶしい。また立木の美しさに目を奪われ写真を写しました。

箱根湿生花園内

箱根湿生花園内

箱根湿生花園はこれからますます暖かくなり色々な草花が咲き乱れることでしょう。このゴールデンウイークは湿生花園1年の中でも最も花の多く咲く時期ですが、みなさまは好きな草花の咲く時期に訪れることをおすすめします。

写真ダウンロードサイトはこちら

 

→ コメント(0)タグ :