めぐり

伊豆めぐり!箱根めぐり!” 旅っていいね”

めぐり header image 2

白糸の滝・音止めの滝

2015年05月14日 · コメント(0) · その他, 富士宮

出発日:2015年05月11日(月)
観光地:白糸の滝(富士宮)

白糸の滝は2006年(平成18年)の滝見橋の崩落、続いて2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震や、その余震で3月15日に発生した静岡県東部地震の影響で、階段において落石が発生した。また音止めの滝でも一部が崩落し売店入り口から通行止めになった。2012年(平成24年)に本格的復旧工事に着手し、同年12月24日滝つぼへの通行規制は解除され、併せて新しい滝見橋の通行が可能となった。
そんなトラブルもあったが、白糸の滝は隣接する音止めの滝と共に、著名な観光地として知られている。また日本の滝百選にも選ばれている国の名勝、天然記念物だ。昨今(2013年6月22日)は富士山の世界文化遺産登録にともない富士山信仰の対象と芸術の源泉の構成資産の一つとして世界文化遺産にも登録されている。滝の上流の川から流れ落ちる滝と、溶岩断層(岩の断面)からの湧水により無数の滝となり並んで落下している。幅200メートル、高さ20メートルの崖から絹糸を垂らしたように流れる様子からこの名がある。富士山の巻狩りの際に滝に立ち寄った源頼朝は「この上に いかなる姫や おはすらん おだまき流す 白糸の滝」と歌を詠んでいる。
今日は上から滝口に入って行ったが崩落前には富士山と滝が見られた場所は工事中で完成が待ち遠しい。またここから入ると滝が近い。階段を少し下れば展望台につく。

白糸の滝

白糸の滝

滝壺近くからワイドに撮影。

白糸の滝

白糸の滝

滝の流れ落ちている姿が幻想的に見える。

白糸の滝

白糸の滝

大小たくさんの滝が流れ落ちています。その姿は白糸の名にふさわしく、幾筋もの絹糸をたらしているようです。優しく、女性的な美しさで思わずため息が出ます。

白糸の滝

白糸の滝

新しくなった滝見橋の先に滝が見えます。

白糸の滝

白糸の滝と滝見橋

縦位置でもう一枚撮影。

白糸の滝

白糸の滝

階段を上がって売店通り脇より見た白糸の滝です。

白糸の滝

白糸の滝

音止めの滝です。崩落があった後まだ完全復旧をしていないのか写真を撮るのに苦労しました。

音止の滝

音止の滝

売店通りを上がっていくと音止めの滝の崩落した場所がロープを張り立ち入り禁止になっていました。その先に一部、応急の復旧でしょうか音止めの滝を見ることができる場所を作ってある。そこからは綺麗な虹が滝から滝壺にかけてかかっていました。

音止の滝

音止の滝

駐車場に戻る手前の脇から見た富士山です。ほとんど冠雪がありませんね。夏山もそろそろかな….いやチョット早いか?

白糸の滝からの富士山

白糸の滝からの富士山

白糸の滝も崩落事故後昨年に続き二度目でしたが富士山と滝が見られる場所の工事も急ピッチです。昔のようにしばらくすればまた見ることが出来るでしょう。楽しみにしています。今日は天気に恵まれ暑い1日でした。時間があれば田貫湖にも寄りたかったんですが今日は無理でした。またの機会にします。

写真ダウンロードサイトはこちら

タグ :

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントする

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)