正当なCSSです! 伊豆めぐり、箱根めぐり


伊豆の魅力、箱根の魅力は自然に囲まれた、風光明媚な景観を見せてくれる所にあります。伊豆の観光や箱根の観光も多数あるスポットをめぐるには最適です。また豊富な湯量を誇る温泉、多くのミュージアム、四季を通して美しく華麗に咲く花。本サイトはそんな伊豆の観光、箱根の観光めぐりを楽しめるようスポット別に、写真・動画を交え紹介しております。


※当サイトの料金、時間、休日等の表示は、消費増税や施設・店舗による改定前の料金や時間、休日などが表示されている 場合がありますので、ご注意ください。最新の情報につきましては、施設・店舗へお問い合わせください。

更新情報

スマホサイトを作成しました。スマホから通常通り(http://meguri.ksm-web.com/)で自動的にスマホサイト(http://meguri.ksm-web.com/sp/)に移動します。

2017.01.13
韮山反射炉 を更新しました。
2017.01.12
箱根正眼寺 を新規追加しました。
2017.01.11
箱根早雲寺 の写真を更新しました。
2016.07.19
西伊豆町 大田子海岸の夕日を新規追加しました。
2016.07.19
西伊豆町 黄金崎公園の写真を更新しました。
2016.07.09
箱根大観山 を新規追加しました。
2016.07.09
箱根スカイライン を新規追加しました。

ツアー情報

◆ お買い得国内ツアー
◆ 沖縄ツアー
◆ 北海道ツアー

更新情報

◆ 売れ筋 旅館・ホテル
◆ 厳選 上質旅館・ホテル
◆ オススメの温泉宿
◆ 海外ホテルの予約

更新情報

◆ 旅のおともにカメラがいい
◆ 今、高速バスでのツアーがオシャレだ
本サイトは画像及びすべての著作物の無断使用は禁止です。
写真のダウンロードはこちら。
(ダウンロードサイトの使用規定をよく読んでご使用ください)

伊豆・箱根新緑のおすすめスポット

バガテル公園春バラの写真
動画 スライドショー

◆ バガテル公園の春バラ

5月に入るといよいよ春バラの時期到来です。今年は天候が不順でしたが、4月になり日中の気温も上がりバラの新芽も出てきました。ゴールデンウィーク時には、バラの開花は少なくまだこれからという状況でしたが、5月に入り、気候も安定し、温かい、いや暑い日が続いています。この状況下で開花は日に日に進み、5月4日にはオールドローズ・つるバラなどが咲き始め、やがて園内は華やかで豪華バラたちに彩られます。 河津バガテル公園はパリ・バガテル公園のローズガーデンを忠実に再現したバラ園です。約1,100種6,000本余りのバラが植樹され、その中には大変貴重な品種も多数含まれています。一般の方々はもとより、バラ愛好者の方々にもオススメです。
◆バラの見頃は5月末~6月中旬か?

三島楽寿園の新緑
動画 スライドショー

◆ 三島楽寿園の新緑

楽寿園は富士山噴火時の「三島溶岩流」上に造られた庭園で池泉回遊式。小浜池をはじめ、富士山のわき水で生まれた四つの池、七つの湧水があり、森に囲まれた自然豊かな公園です。小松宮彰仁親王の別邸として造営され、小浜池のほとりには数寄屋造りの名建築である楽寿館が建ち、明治日本画壇の重鎮による装飾絵画が描かれている。昭和27年より三島市が管理運営。

滑沢渓谷
動画 スライドショー

◆ 滑沢渓谷

本谷川にかかる橋を渡ってしばらするともう一つ橋があります。この渓流が滑沢渓谷です。橋を渡りすぐ脇から左に狭い遊歩道があり、この歩道づたいに滑沢渓谷の美を堪能できるようになっています。ここは一枚岩の上を清流が滑るように流れており爽快感あふれるスポットです。紅葉の時期も素晴らしい景観を堪能させてくれますが新緑の季節はやわらかな緑の葉の広がりと清流の流れが訪れる人々の心を癒してくれます。

虹の郷
動画 スライドショー

◆ 虹の郷

修善寺虹の郷は伊豆市にあるテーマパークです。園内にはイギリス村、カナダ村などのテーマで施設および庭園が設けられている。またフェアリーガーデン(バラの見頃:ロイヤル・ローズ・ガーデンにて5月下旬~6月中旬)、日本庭園、匠の村、伊豆の村など四期折々の楽しみがある。また自然や咲き誇る花たちだけではありません。虹の郷ロムニー鉄道、15インチゲージレイルウェイミュージアム、トーイミュージアム、カレイドスコープミュージアム、富永一朗忍者漫画館など見どころが目白おしです

 
昭和の森
動画 スライドショー

◆ 昭和の森

天城峠に広がる1万6000haの広大な自然林、近くには全国でも有数のハイキングコースもあリハイカーをはじめ観光客が絶えない。昭和の森の一画、国道に面して立つ昭和の森会館には、伊豆にゆかりの深い120名ほどの作家に関連した資料を展示した伊豆近代文学博物館、天城の自然を説き明かした森林博物館、アートギャラリーなどがある。また踊り子歩道を滑沢渓谷入口まで歩くと新緑の頃や紅葉の頃は特に素晴らしい景色が出迎えてくれます。

新緑の九頭龍の森
動画 スライドショー

◆ 新緑の九頭龍の森

箱根芦ノ湖畔の樹木が四季折々に彩り、湖畔の樹木や、草花類が数多く自生する緑豊かな公園だ。四季の移り変わりをじっくりと感じるよう、遊具や施設はない。緑いっぱいの樹木、草花に包まれながらの散策は気持ちがよく心身のリフレシュには最適だ。愛犬家には嬉しいワンちゃんと一緒の散策もできる。また九頭龍の森には九頭龍神社があり月次祭(つきなみさい)は13日の午前10時から行われる。縁結びのパワースポットとして訪れる人々が多い。

箱根美術館
動画 スライドショー

◆ 新緑の箱根美術館

岡田茂吉は、昭和19年(1944)に藤山雷太氏他の別荘地及び強羅公園のうち和風庭園部分を買収、再整備し、「神仙郷」と命名、その中に美術館を建設しました。神仙郷は歴史的文化遺産としての価値が高いものとして本年、国登録記念物に登録されました。その中に美術館を建設。美術館内には、約130種類の苔と200本のモミジの「苔庭」、「萩の道」、「竹庭」などがあり、四季折々の景観を楽しめる新緑の季節と紅葉の季節はかくべつです。

ラリック美術館の新緑の写真
動画 スライドショー

◆ ラリック美術館の新緑

アール・ヌーヴォー、アール・デコという美術様式の時代に生きたフランス人ガラス工芸家ルネ・ラリックの作品を展示した美術館。約1,500点の作品を収蔵、約230点を常設展示し、初期のジュエリーや装飾品、中期のガラス作品、後期の建築装飾などを展示している。またラリックが室内装飾した豪華列車「オリエント急行」が展示してある。

強羅公園の新緑の写真
動画 スライドショー

◆ 強羅公園の新緑

箱根強羅に主に華族など上流階級の親睦・保養施設として、大正3年(1914年)に開園された洋風庭園です隣接して和風庭園も設けられていたが世界救世教団に譲渡され現在和風庭園は箱根美術館の庭園として残されている。強羅公園は傾斜面に作られ広い空と山々に囲まれた園内には、様々な花が植えられており、人気が高い。2013年8月1日には文化庁の国登録記念物に認定。

 
新緑の修善寺
動画 スライドショー

◆ 新緑の修善寺

弘法大師が桂川で病父を洗う少年を見て心うたれ、独鈷杵で川の岩を打ち霊湯を湧出させ、父子に温泉療法を伝授したと言われ、独鈷の湯は修善寺温泉発祥の湯です。その弘法太師が創建したと伝えられる修禅寺が修善寺の地名の元になった。紅葉の時期や新緑の頃が特に美しい。

 
新緑の達磨山
動画 スライドショー

◆ 新緑の達磨山

達磨山(だるまやま)は静岡県沼津市と伊豆市との境界にある982mの山である。山名は、座禅した達磨大師に似ていることに由来している。山名は、座禅した達磨大師に似ていることに由来している。南北の山腹には静岡県道127号船原西浦高原線(旧西伊豆スカイライン)が通り、アクセスしやすく眺めが良いためドライブスポットになっており、その開けた視界を利用してラジコン飛行機やアマチュア無線を楽しむ者もいる。

修善寺自然公園もみじ林
動画 スライドショー

◆ 新緑の修善寺自然公園もみじ林

伊豆スカイラインは富士・箱根・伊豆国立公園地帯を走るドライブウェイで霊峰富士山や相模湾、駿河湾の景観が素晴らしい。そんな絶景の中、熱海峠(起点) ~玄岳~韮山峠~山伏峠~亀石峠~冷川を経て天城高原(終点)まで伊豆半島の尾根を縦走する延長40.6kmの観光道路です。若葉の季節は最高のワインディングを楽しめるでしょう。富士山が見える可能性が高い晴れた日の午前中がオススメです。また熱海峠から天城高原に向って走ると、冷川料金所の手前、進行右側にとろろ飯で有名な峠の茶屋があり、終点天城高原も近いです。