河津七滝の写真
当サイトの表示料金は、消費増税や施設・店舗による改定前の料金や営業時間,休業日などが表示されている場合がありますので、ご注意ください。最新の料金につきましては、施設・店舗へお問い合わせください。

河津七滝 初景滝

河津七滝の写真

河津七滝は、バス停水垂(ミズタレ)より国道の下をくぐると踊子ハイキングの林道。5分ほど歩くと釜滝入口の案内標。胸ツキ八丁と呼ばれる急な石段を下りきると釜滝。おおいかぶさるような玄武岩を22mほど落下している。一つめのつり橋を渡り、急な石段を上り降りすると二つめのつり橋の上からエビ滝が眺められる。エビの尾ヒレに似ているところからこの名がつけられた。小さな沢を渡り手すりのついた小路をいくと蛇滝。柱状節理の玄武岩の模様が、蛇のウロコに似ている。水路づたいに進み、石段を下ると広い道に出る、ここに初景滝。「踊子と私」のブロンズ像の向うに優雅に落ちる滝だ。舗装された桜並木の道を川沿にいくと、カニ滝。七滝のなかで一番小さな滝。出合茶屋の前から川へと下ると、流れはここで深い穴のような淵に滑りこみ、支流の沼の川からの出合滝と合流する。



河津七滝の基本情報

基本項目 データ
住所 〒413-0595
静岡県加茂郡河津町梨本
問合せ TEL 0558-34-1111(河津町役場)
駐車場 無料
休業日 なし
営業時間 散策自由
河津秋まつり 2013年は11月20日~12月10日
  •  ワンポイント
  • 河津七ダル(滝)のタルの由来
  • この言葉は古く平安時代から続いている貴重な
  • 民俗語で、水が垂れるという意味の「垂水」が、
  • そのルーツ。その(タル)が、発音の都合上
  • (ダル)となり、たとえば釜滝(カマダル)と言わ
  • れるようになっている。

河津七滝 大滝

チンパンジーのショーの写真

みやげ物店や旅館などをヨコ目に歩を進めると天城荘のワキに大滝入口の案内板がある。そのかたわらにはループ橋の展望所。急斜面をぬうような階段を下り、天城荘の温泉をすり抜けると七滝最大、高さ30mの大滝。このあたりには、国の天然記念物のナチシダが自生する素晴らしい景観だ。しかし残念なことに平成25年10月1日現在、大滝見学のための大滝遊歩道は2011年9月の台風災害後、町の責任による予防対策工事及び整備保全のため通行止めとなっている。大滝を敷地15万坪私有地内に擁する大滝温泉天城荘が施した応急復旧工事により、「天城荘の宿泊者と立ち寄り湯客」が露天風呂から大滝を眼前に仰げる状態に復帰しているが今までとおり一日も早い大滝一般見学用の大滝遊歩道の予防対策工事及び整備保全の完了が望まれます。



アクセス情報

基本項目 情報
アクセス(電車) ・新幹線→熱海駅(伊東線)→伊東(伊豆急線)→河津駅 (バス)→河津七滝
・東京直通特急 「スパービュー踊り子号」,「特急踊り子号」→河津駅(バス)→河津七滝
アクセス(車) ・東名高速→厚木(小田原厚木道路)→小田原(国道135号)→熱海→河津
・東名高速→沼津(国道1号経由136号)修善寺,天城(414号)→河津七滝(135号)
大滝を見るには 10月1日現在大滝を見るには大滝温泉 天城荘に宿泊するか、立ち寄り湯の利用をするしかない。
  • 動画リンクボタン

Introduces 河津七滝 in the photograph.

詳細地図



より大きな地図で 河津七滝 を表示

ホテル・旅館の予約