正当なCSSです! 熱海梅園の写真

☆ 熱海市観光スポット

熱海梅園

熱海梅園       梅園

熱海梅園の写真

熱海梅園の歴史は古く、横浜の豪商茂木惣兵衛をはじめとした有志が明治19年(1886年)に2.5ヘクタール開いたのが始まりで120年以上の歴史がある。日本一早咲きの梅、そして遅い紅葉で有名な熱海梅園。明治19年に開園。樹齢100年を超える梅の古木を含め58品種およそ464本(平成24年11月現在)あります。梅に始まり、桜、新緑、紅葉と梅園は四季楽しめる庭園です。園内には「梅見の滝」、「中山晋平記念館」、「韓国庭園」が、また隣には「澤田政廣記念美術館」があり梅園橋で結んでいる。

詳細ページへリンクボタン


伊豆山神社

伊豆山神社      神社

伊豆山神社の写真

地図表示ボタン

伊豆山神社は関八州総鎮守として伊豆山大権現と尊称された神社。伊豆・箱根周辺の温泉守護神としてさらに火防鎮火の神として崇敬された古社です。源頼朝・政子が結ばれた場所であるため、縁結びの神社としても有名です。頼朝が鎌倉幕府を開いた後にも、伊豆山神社は源頼朝と政子に崇拝され絶大な勢力を誇りました。時は変わり江戸時代には伊豆大権現と呼ばれ、徳川家康も参拝に訪れています。

お問い合わせボタン  0557-80-3164

静岡県熱海市伊豆山708-1


十国峠

十国峠の写真

十国峠の名前は、昔の国名で「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」の十の国がここから見渡せたことに由来します。現在の静岡県・山梨県・長野県・神奈川県・東京都・千葉県になります。天候に恵まれた日の十国峠の頂上からは駿河湾はもとより湘南海岸や三浦半島、横浜や東京の街並み、さらに房総半島まで見ることができる。また晴れ渡った十国峠から見る富士山や南アルプスは大絶景です。十国峠頂上まではケーブルカーが運行しています。

詳細ページへリンクボタン


熱海城

熱海城    城

熱海城の写真

地図表示ボタン

地上43m、海抜160mからの360度パノラマの眺望は熱海随一。絶景パノラマ展望天守閣から熱海市街一望はもちろん、湯河原。相模灘、晴れた日にはぽっかり浮かぶ初島や大島、その先に網代・伊東方面の伊豆半島。この眺望だけでも一見の価値ありです。海抜120mにあるジェット足湯からの景観も素晴らしく熱海城でのリラクゼーションが楽しめます。
http://www.atamijyo.com/guide#chiket

お問い合わせボタン  0558-98-1212

静岡県加茂郡熱海市宇久須深田


錦ヶ浦

錦ヶ浦の写真

地図表示ボタン

錦ヶ浦は、朝昇る太陽の光がこの浦の青い海や奇岩・洞窟にそそぐと、眩しい5色の光となって輝くこの地を美しい京の錦織の名をかりて錦ヶ浦と呼ぶようになりました。現在も熱海の景勝地のひとつです。展望の良い庭園があり、魚見崎からアカオハーブ&ローズガーデンまで約2kmにわたり遊歩道も整備されている。海を見ながらランチが出来るミュージアムレストラン「花の妖精」は優雅なティータイムを過ごせます。女性やカップルにもおすすめのスポット。

お問い合わせボタン  ------

静岡県熱海市熱海1993-250


走湯

走湯    温泉

走湯の写真

地図表示ボタン

相模の海に臨む「走り湯」は、日本でも珍しい横穴式源泉で、日本三代古泉の一つです。今から約1300年前に発見され、山中から湧き出した湯が海岸に飛ぶように走り落ちる様から 「走り湯」と名づけられました。「伊豆の国山の南に出づる湯の早きは神のしるしなりけり」と源実朝が詠んだように、明治以前は伊豆山神社の神湯として信仰されていました。奥行5mの洞窟から今も70度の湯が一日7,000トンも湧き出ており、 源泉は神秘的な光景が広がります。

お問い合わせボタン  ------

静岡県熱海市伊豆山604-10


熱海親水公園

熱海市親水公園       公園

ムーンテラスの写真

熱海親水公園はサンビーチ及びムーンテラスは 「恋人の聖地」に認定されており、テラス尖端の噴水には恋人達が愛を誓い合う事の出来るモニュメントがあります。ライトアップされた ムーンテラスにはロマンチックなムードが漂います。南欧コートダジュールをイメージした「スカイデッキ」、北イタリアのサンレモ市リビィエラ海岸をイメージした「レインボーデッキ」、南イタリアのナポリ港をイメージした「 渚デッキ 」など素敵な雰囲気のなかをススムと渚公園につながります。

詳細ページへリンクボタン


起雲閣

起雲閣  歴史・文化遺産

起雲閣の写真

1919(大正8)年に別荘として築かれ、非公開の岩崎別荘、今はなき住友別荘とならび、「熱海の三大別荘」と賞賛された名邸です。1947(昭和22年)に旅館として生まれ変わり、熱海を代表する宿として数多くの宿泊客を迎え、山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、舟橋聖一、武田泰淳など、日本を代表する文豪たちにも愛されてきました。市街地とは思えない緑豊かな庭園。日本家屋の美しさをとどめる本館(和館)と離れ。日本、中国、欧州などの装飾や様式を融合させた独特の雰囲気を持つ洋館。

詳細ページへリンクボタン


来宮神社

来宮神社      神社

来宮神社の写真

地図表示ボタン

来宮神社は古くから来宮大明神と称し、来福・縁起の神として信仰されています。境内奥にそびえ立つ、樹齢二千年以上の天然記念物に指定された大楠は、幹を一回りすると一年寿命がのびると伝えられており、この木の生命力にあやかり、長寿・病気平癒・健康祈願のお参りをする参拝者が後を絶たないという。また近年のパワースポットブームも手伝い生命力に満ち溢れている大楠は人気です。

お問い合わせボタン  0557-82-2241

静岡県熱海市西山町43-1


MOA美術館

MOA美術館     美術館

MOA美術館の写真

地図表示ボタン

創立者の「熱海にも世界的な美術館を建設し、日本の優れた伝統文化を世界の人々に紹介したい」との願いを継承し、1982年にMOA美術館を開館しました。尾形光琳、野々村仁清などの国宝、重要文化財を中心に絵画、書跡、工芸といった東洋美術のほか、モネなどの西洋美術も収蔵・展示。豊臣秀吉ゆかりの黄金の茶室や能楽堂もある。大人1600円、高・大学生 800円、小・中学生 無料、満65歳以上1200円

お問い合わせボタン  81-557-84-2511

静岡県熱海市桃山町26-2


アカオハーブ&ローズガーデン

アカオハーブ&ローズ  植物園

アカオハーブ&ローズガーデンの写真

地図表示ボタン

アカオハーブ&ローズガーデンは、熱海の観光名所としてアカオリゾートが運営する、バラとハーブの癒しの庭です。5月の春バラのシーズンにはバラの高貴な香りにガーデン全体が包まれます。園内にはバラだけでなくテーマの異なる12種類のガーデンや施設があり、ショッピングや手作り工作体験、ランチなどもオススメ。
割引券:http://www.i-akao.com/harb-rosegarden/coupon/

お問い合わせボタン  0557-82-1221

静岡県熱海市熱海1993-250


お宮の松

お宮の松     自然

お宮の松の写真

地図表示ボタン

熱海の代名詞といえば、小説「金色夜叉」(こんじきやしゃ)に登場する 主人公「貫一とお宮」そして「お宮の松」です。初代「お宮の松」は、昭和初期まで「羽衣の松」と呼ばれていましたが、 大正8年8月「金色夜叉」を記念して、尾崎紅葉の弟子:小栗風葉の句碑 「宮に似たうしろ姿や春の月」を建立したことから、いつしか「お宮の松」と呼ばれるようになりました。初代の松は衰えてしまったため現在は二代目のお宮の松として場所を移して多くの人が訪れます。

お問い合わせボタン  0557-86-6218

静岡県熱海市東海岸町


大湯 間欠泉

大湯 間欠泉   温泉

大湯 間欠泉の写真

地図表示ボタン

古来からの間欠泉で世界的にも有名な自噴泉。熱海の代表的な源泉です。昼夜6回激しい勢いで噴出するため、地面が揺れるようであったと言われていましたが、大正12年に止まってしまいました。現在は機械じかけではあるが数分ごとにお湯を噴き上げる「大湯間欠泉」になっている。大湯は徳川家康のお気に入りの温泉で江戸や京都へお湯を運ばせたりしたようだ。熱海市の文化財として保存されている。近くには熱海温泉の鎮守である湯前神社もある。

お問い合わせボタン  0557-85-2222

静岡県熱海市上宿町3


姫の沢公園

姫の沢公園    公園

姫の沢公園の写真

日本の都市公園100選指定公園であり、山の斜面に1,080,000㎡の敷地を有する自然公園です。春には「各種サクラ、ツツジ、シャクナゲなど」、夏には「スイレン、アジサイ、ヤマユリなど」、秋には「カエデ、ケヤキ」、冬には「サザンカ、スイセンなど」が咲き乱れ、山肌を800余種の草花が色とりどりの色彩で染め上げ、「いつ訪れても、花が出迎えてくれる」感動の楽園です。広大な敷地にはアスレチックコースやや陶芸センター、人工芝のスポーツ広場などの施設を配した公園です。

詳細ページへリンクボタン