早雲寺山門と石仏
当サイトの表示料金は、消費増税や施設・店舗による改定前の料金や営業時間,休業日などが表示されている場合がありますので、ご注意ください。最新の料金につきましては、施設・店舗へお問い合わせください。

早雲寺

早雲寺本堂の写真

箱根湯本の早雲寺は、北条早雲の遺言により北条氏綱が創建した臨済宗大徳寺派の寺院。開山は大徳寺八十三世の以天宗清。山号は金湯山という。本尊は釈迦三尊仏(室町時代)。湯本一体に伽藍を配し関東屈指の禅刹へと発展。小田原北条氏の菩提寺として栄え、1542年(天文11年)には後奈良天皇の勅願寺となった。しかし1590年(天正18年)豊臣秀吉の小田原攻めの際、秀吉軍の本陣が置かれたが、石垣山の一夜城が完成すると焼き払われてしまった。その後、1627年(寛永4年)、十七世菊径宗存によって再建され慶安元年(1648年)、3代将軍徳川家光から朱印状を与えられ復興した。
※本堂の修理は完成(2015年5月)、現在中門が新たに建設中。


早雲寺基本情報

基本項目 データ
住  所 〒250-0311
神奈川県足柄下郡箱根町湯本405
問合せ先 0460-85-5133
駐車場 あり(無料)
拝観料 無し 例年、寺宝が特別公開される。公開日拝観料は大人500円
山号 金湯山
  •  ワンポイント
  • 早雲寺の文化財は重要文化財として ・絹本淡彩北条早雲像,・織物張文台及硯箱、県指定文化財 ・絹本著色北条氏康画像,・紙本墨画羅漢図,・紙本墨画早雲寺本堂襖絵,・紙本著色枇杷小禽図, ・紙本著色北條氏綱像,・紙本墨画淡彩機婦図,・梵鐘などがある。
  • 毎年秋に「寺宝特別公開」がある。
    日時は早雲寺オフィシャルHPをご覧ください。

早雲寺庭園

早雲治

北条幻庵(ほうじょうげんあん)は、伊勢長氏(北条早雲)が伊豆を手に入れた頃、3男として1493年に生まれた。幼名は菊寿丸といい北条早雲の男子の中では末子であり、側室の子でもあったことからか戦国時代の習いで、幼い頃、箱根権現社の別当寺・金剛王院に入寺して僧となった。その後、近江の三井寺にて修業すると1524年に出家したようだが、すぐに箱根権現の40世別当になった。別当としては北条長綱として名が見られる。時が立ち、隠居したあと幻庵宗哲と号した為、一般的に「北条幻庵」と言う名で知られる。 もともとは政治面の僧侶として活動していたが、作法伝奏を家業とした伊勢家として文化知識も多彩で和歌・連歌・茶道・庭園・鞍鐙作りの名人としても知られ早雲寺の庭園も北条幻庵の作である。     


早雲寺の情報

基本項目 情報
寺  内 後北条氏5代の墓
アクセス ・電車-箱根登山鉄道 箱根湯本駅より徒歩15分
・バス-箱根登山バス 旧街道畑宿軽油 早雲公園前
・車-小田原厚木道路 箱根ICより国道1号線-三枚橋左折-旧街道箱根湯本小学校右折 50m
宗派 臨済宗大徳寺派
  • 動画リンクボタン

Introduces Soun temple in the photograph.

詳細地図



より大きな地図で 早雲寺・早雲寺 を表示

ホテル・旅館の予約