正当なCSSです! 伊豆めぐり、箱根めぐり


伊豆の魅力、箱根の魅力は自然に囲まれた、風光明媚な景観を見せてくれる所にあります。伊豆の観光や箱根の観光も多数あるスポットをめぐるには最適です。また豊富な湯量を誇る温泉、多くのミュージアム、四季を通して美しく華麗に咲く花。本サイトはそんな伊豆の観光、箱根の観光めぐりを楽しめるようスポット別に、写真・動画を交え紹介しております。


※当サイトの料金、時間、休日等の表示は、消費増税や施設・店舗による改定前の料金や時間、休日などが表示されている 場合がありますので、ご注意ください。最新の情報につきましては、施設・店舗へお問い合わせください。

更新情報

スマホサイトを作成しました。スマホから通常通り(http://meguri.ksm-web.com/)で自動的にスマホサイト(http://meguri.ksm-web.com/sp/)に移動します。

2017.01.13
韮山反射炉 を更新しました。
2017.01.12
箱根正眼寺 を新規追加しました。
2017.01.11
箱根早雲寺 の写真を更新しました。
2016.07.19
西伊豆町 大田子海岸の夕日を新規追加しました。
2016.07.19
西伊豆町 黄金崎公園の写真を更新しました。
2016.07.09
箱根大観山 を新規追加しました。
2016.07.09
箱根スカイライン を新規追加しました。

ツアー情報

◆ お買い得国内ツアー
◆ 沖縄ツアー
◆ 北海道ツアー

更新情報

◆ 売れ筋 旅館・ホテル
◆ 厳選 上質旅館・ホテル
◆ オススメの温泉宿
◆ 海外ホテルの予約

更新情報

◆ 旅のおともにカメラがいい
◆ 今、高速バスでのツアーがオシャレだ
本サイトは画像及びすべての著作物の無断使用は禁止です。
写真のダウンロードはこちら。
(ダウンロードサイトの使用規定をよく読んでご使用ください)

海水浴場

 
東伊豆海水浴場

◆ 東伊豆海水浴場

東伊豆の海岸は白砂とまではいきませんが、透明度も高く整備されているビーチが多いので、ファミリー向けに人気が高い

詳細

 
西伊豆海水浴場

◆ 西伊豆海水浴場

水質のよさはおりがみつき、美しい夕日がうりの西伊豆ビーチで夕景の醍醐味にうっとり。南国ムードの南伊豆とは違った、少し落ち着いたオシャレな海水浴場の雰囲気を味わえます。

詳細

 
南伊豆海水浴場

◆ 南伊豆海水浴場

南伊豆海岸の最大の魅力が青空に映える美しい白砂とブルーの海。その代表が白浜大浜ですが、南伊豆には美しい海がまだまだたくさんあります。

詳細

おすすめスポット

飛竜の滝の写真
動画 スライドショー

◆ 箱根 飛竜(飛龍)の滝

上段15m、下段25mの2段に分かれ流れ落ちる、神奈川県最大級の滝です。飛竜の滝には箱根・畑宿から行くコースと、小涌谷駅よりバスで湯坂路入口から行くコースがある。竜が飛揚するかのような形に見える事から名付けられました。飛竜の滝は、鎌倉時代の箱根権現信仰の行者が鎌倉街道を進む途中、この滝に打たれ身を清めたと伝えられている。飛竜の滝に沿った登山路は、江戸時代の街道筋にある畑宿と芦之湯温泉を結ぶ近道で、通称「湯坂道」と呼ばれたそうです

浄蓮の滝の写真
動画 スライドショー

◆ 浄蓮の滝

浄蓮の滝は天城山の寄生火山である鉢窪山の噴火により形成され、狩野川の本流本谷川の水をあつめて玄武岩の岩肌を流れ落ちる直瀑だ。落差は25m、滝の幅は7mの迫力のある滝で日本の滝100選にも選ばれている。また周囲には日本では珍しい「ハイコモチシダ(ジョウレンシダ)」の群生地があり、静岡県指定の天然記念物にもなっている。 昔ながらの原生林がかもし出す静寂な雰囲気の中、激しい音を立てて流れ落ちる姿はとても迫力があり魅力のある滝だ。滝壺の下流には天城国際鱒釣場があり、渓流沿いには天城名物のわさび田が続いている。伊豆半島ジオパークの中伊豆南エリアの一つでもある

河津七滝(初景滝)の写真
動画 スライドショー

◆ 河津七滝

河津七滝はその名のように大小まじえた七つの滝がある。・かに滝--七滝のうち上流から数えて5番目、高さが2mほどの比較的小さな滝だ。・初景滝--上流から数えて4番目、「伊豆の踊子」の像がある。・蛇滝--上流から数えて3番目、なぜ蛇滝と呼ばれるのだろう?...それは玄武岩の模様が蛇のうろこのように見えるからのようだ。・えび滝--上流から数えて2番目、滝の形がエビのかたちに似ているからこの名前が付いたようだ。 ・釜滝--玄武岩の上から流れ落ちる姿は迫力がある。・出会滝--上流から数えて6番目の滝、二つの川が合流しひとすじの流れとなった先にある滝。滝壺の色が印象的。・大滝--七滝のうち最下流にあり最大の滝。滝の全長30m、幅7m 垂直に立ち上がる玄武岩の壁から雄大に流れ落ちている。なお、ここには日帰り温泉もある。

萬城の滝の写真
動画 スライドショー

◆ 萬城の滝

萬城の滝(別名裏見の滝)は伊豆市中伊豆地区にある高さ20メートル、幅6メートルの滝だ。市内を流れる狩野川の源流のひとつ地蔵堂川の上流に位置し以前は遊歩道を歩いて滝の裏側を見ることができたが、現在は危険防のため閉鎖されている。 滝の周辺には豊かな自然がありあふれる緑と滝が発生させるマイナスイオンでリフレッシュできます。また毎年8月中旬に「萬城の滝祭り」が開催される。ここには萬城の滝キャンプ場があり、コインランドリーやシャワー室も完備され宿泊者に好評です。

白糸の滝・音止の滝の写真
動画 スライドショー

◆ 白糸の滝・音止の滝

音止の滝は白糸の滝に向かう途中から見える芝川本流の落差約25メートルの名瀑です。豪快に落ちる滝で白糸の滝とともに日本の滝百選の一つだ。音止めの滝の名前の由来は、かつて、曾我祐成・時致兄弟が父の仇である工藤祐経を討とうとし密議をしていたが滝の爆音で話が聞き取れない、そこで神に念じたところ、たちどころに滝の音が止んだという伝説による。もちろん曾我兄弟は見事に本懐を遂げた。そこからしばらく下ると白糸の滝が見えます。上流に川から流れる滝と、富士山の雪解け水が溶岩断層から湧き出す無数の滝が並んでいる。水量は毎秒1.5トン。幅200メートル、高さ20メートルの崖から絹糸を垂らしたように流れる様子からこの名がある。

◆ 二階滝

天城名瀑のひとつ二階滝は八丁池源を発し、二段になって落ちる水量豊富な高さ20mの美しい滝。本谷川(河津川)の源流初めての滝で、まわりは木々が多く茂り、紅葉や新緑の時期など景観の美しい天城の名瀑のひとつです。下流には河津七滝があり、ハイキングコースとして足を伸ばしてみる価値あり。

旭滝の写真
スライドショー

◆ 旭滝

国道414号線から少しだけ入ったところにある全長105m、落差105mは圧巻です。といいたいところ残念なのは水量が少ないことです。105m上段から激しい音を立て、流れ落ちる勇壮な姿はそこにありませんが、6段に折落ししっとり流れ落ちる姿は周りの緑と溶け合い気持ちのよい癒やしを与えてくれます。水量が少ないのが残念だが朝日の昇る時正面から光を受けて輝く姿は美しい。また、尺八の名曲「滝落ちの曲」はこの滝から生まれたと言われている。

五竜の滝・対馬の滝の写真
スライドショー

◆ 五竜の滝・対馬の滝

五竜の滝は滑沢林道に入り林道を500mほど進んだ付近の右下の本谷川に懸かる渓流の二条瀑が五竜の滝です。別名「竜姿の滝」の名前の通り、岩肌が竜の背中のように曲がりくねっている。また対馬の滝は伊豆高原を縦断する尻無し川は最後には滝となり海に流れ落ちています。今日は台風の翌日ということもあり豪快に流れ落ちていました。